備忘のためのブドウ

ブドウ栽培2年目。昨年は管理が悪く、すべて虫の栄養になってしまった。今年は葉を塩漬けにして念願のドルマに。でも育て方が不真面目なので、食べられるほどの実には、今年はなりそうにない。虫はいない。赤ん坊みたいな実を見て楽しんでいる。

発話とブドウ」と「発話を忘れて<カザルスと母の巣箱>」を合流するような続編を作りたいと思っている。ブドウを育てることは、その姿が好きということにくわえ、リマインドのためでもある。The fact that the grapes are alive in our garden, even if small, is a reminder to me to keep that plan alive in my mind.

5月に訪れた松本民藝館、裏手に広がるブドウ棚がすばらしく、いつまでも見ていられた。
読み始めた『古代ワインの謎を追う』の感想も、そのうち書きたい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中